『フルメタル・パニック! 悩んでられない八方塞がり?』(賀東招二/富士見ファンタジア文庫)

 コメディ風の短篇を収めた『フルメタル・パニック』最新作です。中身はまあ、いつもの短篇集と同じ感じで安心して読めました。……しかし、なんといっても長編の続きが気になるわけですが。

 お買い物→『フルメタル・パニック! 悩んでられない八方塞がり?』(賀東招二富士見ファンタジア文庫)。アニメのほうがWOWOWなので、見れないのが悔しいです。

 お買い物→『12月の銃と少女』(吉田茄矢富士見ミステリー文庫)、『バクト!』(海冬レイジ富士見ミステリー文庫)の2冊です。両方とも「もえたん」課題本です。……が、果たして読み終えれるかどうか。

『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』(今野緒雪/コバルト文庫)

 ……黄薔薇白薔薇紅薔薇それぞれの短篇(中編)が収録されている『マリア様がみてる』の最新刊。自分の中でも『マリみて』熱が一時期より冷めたのを自覚してますが、やはり面白いですね。私は白薔薇志摩子さん)好きなので「白薔薇の物思い」なんか、とても楽しめました。

 お買い物→『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』(今野緒雪コバルト文庫)。発売されていたことをすっかり忘れていました。本屋に行って、ライトノベルコーナーに平積みされていてビックリしましたが、迷わず購入。

 『ワールドサッカー ウイニングイレブン9』を購入。とりあえず、暇つぶしになりますから。『8』に慣れていたからか、ファールの判定の厳しさやモッサリ感にまだフィットしていません。

もえたん」の第15回が発表されています。お題は『クドリャフカの順番』(米澤穂信著)です。見てもらえばわかる通り、やはり高得点をゲットですね。鳶迩さんの、

特に千反田えるの一人称部はいつまでも読んでいたくなる、いっそ千反田視点だけで長編千枚書いてくれませんかってくらいに嵌まってしまったわけですが……

には全く同感です。える視点は萌えますし、読んでいてマジで楽しかったですよ。あと、読んでる間は気にしなかったけど、やっぱりイラストは欲しいかも。愚者のエンドロールの絵師さんがいいと思います。